このページの本文へ

ホーム > ご利用案内 > 使用の申込方法

使用の申込方法

利用のお申し込み

1. お申し込みの受付

  1. 申し込みは直接文化会館で受付けます。
    • ホール及び楽屋については、利用日の1年前から15日前までに利用許可申請書を提出してください。
    • 展示室等その他の施設については、利用日の1年前から7日前までに利用許可申請書を提出してください。
  2. 利用許可と同時に施設の利用料金をお支払いいただきます。
  3. 受付時間は、午前8時30分から午後5時までです。
  4. 間違いを防ぐため、電話、郵便などのお申し込みは受付いたしませんので、直接ご来館のうえ、利用申請書に必要事項を記入しお申し込みください。
    なお、利用申し込みのときは、具体的に催し物の内容等についてお伺いしますから、その内容がよくわかっている方がおいでください。

2. 利用時間及び連続利用

  1. 利用時間は、午前8時30分から午後9時30分までです。
  2. 利用時間には、会議準備、観客者の入退場及び後片付けに要する一切の時間を含みます。
  3. 連続利用は、次に掲げる期間です。
    • ア.ホール、練習室等 5日間
    • イ.展示室、展示ギャラリー、展示ロビー 14日間

3. 休館日

  1. 毎週月曜日。ただし月曜日が国民の休日にあたるときは、その翌日です。
    又、火曜日以降も休日が連続する場合は最後の休日の翌日です。
  2. 12月29日から翌年1月3日まで。
  3. これ以外で臨時に休館日を設けることがあります。

4. 利用料金

  1. 利用料金は、会館利用料のとおりです。
  2. 利用料金は、利用許可書と引換えに納付してください。
  3. 既納の利用料金は、特別の場合を除きお返しいたしません。

5. 利用許可の制限

次の各号のいずれかに該当するときは、利用の許可をいたしません。

  1. 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあると認めるとき。
  2. 管理上支障があると認めるとき。

6. 利用許可の取消し等

次の各号のいずれかに該当したときは、利用許可の取消し又は利用の中止を命ずることがあります。

  1. 利用の許可条件に違反したとき。
  2. 条例又は規則に違反したとき。
  3. 利用者が、利用目的以外に利用したとき。
  4. 利用者が、利用権を第三者に譲渡又は転貸したとき。
  5. 公共の福祉のためやむを得ない理由があると認めるとき。

7. 管理責任

利用者は、施設の利用にあたっては、利用責任者を設け、設備・備品等を責任を持って管理してください。

8. 原状回復の義務

利用を終了したときは、ただちに備品等を原状にもどし清掃し、係員の検査を受けてください。

利用者は次のことを守ってください

  1. 利用者は、施設内外の秩序を保持するため、必要な整理員を置いてください。
  2. 収容人員について、定員を超えて入場しないでください。
  3. 所定の場所以外において、飲食、喫煙をし、又は火気を使用しないでください。
  4. 他人に危害を加え、又は迷惑となる物品、動物の類を持ち込まないでください。
  5. 許可を受けないで、壁、柱等に貼紙をし、又は画鋲若しくは釘の類を打たないでください。
  6. 許可を受けないで物品を展示し、又は販売しないでください。
  7. その他係員の指示に従がってください。

利用前の準備について

  1. 関係官庁への届出
    行催事の内容により、次の関係官公署へ届出の必要がある場合がありますので、事前に届出の要否を確認のうえ利用者から届出をしてください。
    集会届 守山警察署
    催物開催届及び火気の使用 尾張旭市消防署
    入場税関係 尾張瀬戸税務署
    著作権関係 日本著作権協会中部出張所
  2. 行催事内容の打合せ
    ホールを利用される方は、当日の準備と進行を円滑に行うため、利用日の15日前までに、プログラム、スケジュール表等参考資料持参のうえ、
    舞台・照明・音響等の内容の詳細について、係員と必ず打合せをしてください。
  3. 看板・ポスター等の掲示
    施設内外の看板・ポスター類の掲示については、係員の指示に従ってください。

非常の場合

施設や設備の状況をよく承知し、出入口、非常口、消火設備等の位置を確認しておいてください。
地震・火災等非常の場合は、あわてないで係員の指示に従って行動し、避難誘導に協力してください。