7月も延長決定アーティスト応援しながら、文化会館紹介しちゃう事業

 尾張旭市文化会館は6月2日(火)から、制限付きで施設利用を一部再開していますが、ホール・展示室のご利用は7月からを予定しております。

 ホール再開前の6月に、コロナウイルス対策実験型事業として開催しましたが、7月も実施させていただきます。

この企画は、ウィズコロナの時代にどのようにイベントを開催していくかを、皆様とともに検討する場とさせていただきたいと思います。

 参加者のみなさまは動画や、写真などを撮影していただき、SNSなどで尾張旭市文化会館の紹介をしていただきます。

この取り組みにご協力いただける方は、ぜひご参加ください。プロアマ問いません。

※要事前電話予約。参加無料。

※1人(1団体)30分程度 

場所:文化会館ホール

●指定管理者が利用料と附属設備料を負担してホールを貸し出します。
●コロナウイルス感染拡大防止の会館のルールに則り、ご利用をお願いします。

●おひとり(1組)一回限り(6月にご利用された方もOK)

●観客数が30人までの発表会の機会をご提供致します。

●演奏者、発表者にも舞台上でのソーシャルディスタンスを確保していただきます。

●新型コロナウイルス感染症防止対策にご協力ください。
●楽屋はご利用できません。
●ピアノは調律しません。
●必要な楽器などがあればできる限りお貸しします(要事前予約、有料)。

貸し出し可能楽器・機材一覧

アーティスト応援(7月)

※事前予約・お問い合わせ : 尾張旭市文化会館(電話 0561-54-8500)

  • Facebook
  • Twitter